2012年4月29日 (日)

港の夜景

Dar_nightキリマンジャロからダルエスサラームに戻ったO-SAM,珍しくホテルがガラガラで,港の見える客室に宿泊となりました。

古くはアラブ交易で栄えたダルエスサラームは港町です。

港と言えば夜景。どんなヘッポコの街でも,夜景=美しいというのが定番だと信じて疑わないワタクシ。
港には夜景と美女と美酒が伴う方程式が存在する・・・のは映画の世界だけかもしれませんが,そういう場所に入り浸る生活も良いかもしれません。
ここダルエスも夜景は綺麗です。美酒は赤毒。美女は未確認であります。Dar_morning

で,夜が明けてくると,だんだんと感動が薄れてくるのです。

と言うわけで今回の短い出張も終わり。仕事に追われた毎日で,お猿さん登場くらいしか話題がありませんでした。

帰国は毎度おなじみのエミレーツ。でも今回はソウル経由なので,インチョン空港内ホテルに一泊。スパと按摩とビビンバがワタクシを待っているのです。ハッハッハ!
北○○が変なことしなければ・・・の話ですが・・・。ちょっとだけ不安。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

サマキ

ガーナを後にしてドバイ経由タンザニアに到着のO-SAM,ドバイで一泊したにもかかわらずガーナのハマターンでやられた鼻と喉が今一つであります。

しか~し,本日は現地のローカル露店食堂にてランチを頂き,かなり元気を取り戻しております。Photo

スワヒリ語で揚げ魚をサマキと言うそうで,食堂でサマキと言うとこんなランチが出て参ります。

で,これが絶品!最高に美味いのです。

こんがり揚げられて,頭もバリバリ食べれちゃうし,ご飯に掛けられたスープも味が抜群!これを食べることがワタクシのタンザニアでのささやかな楽しみであります。

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

ハマターン

寒い寒い日本を離れ,まずはガーナに到着したO-SAMであります。

Aerocontractor_nigeriaこの時期のガーナ,サハラ砂漠から飛んでくる砂で視界不良でして,これをハマターンと呼ぶのですが,お蔭様で鼻と喉が今一つ調子が悪いのであります。

たった一泊だけのガーナでありましたが,ガーナの空港で久々に見かけたナイジェリアの飛行機をパチリ!Aerocontractorと言う航空会社でして,以前はワタクシかなりお世話になった飛行機です。おぉ!懐かしや~,まだ元気に飛んでいるのですな!逞しい!

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

九州に来ました!

出張で九州は久留米市に来ております。
ほぼ10年ぶりに、ふぐ刺しを堪能しました。

1327591035439.jpg

そしてなんと言っても「ひれ酒」。

1327759783269.jpg

あぁ〜身体のすみずみに染み渡る〜。

ところで九州の電車は色合いが独特。シートなんかヒョウ柄みたい。なんか乗っていて落ち着きませんっ!

1327759784273.jpg

| | コメント (2)

2011年12月15日 (木)

猛暑

寒い日本を離れてソウル~ドバイを経由してタンザニアに舞い降りました。気温32度!はぁ~さすが南半球,夏真っ盛りでありまして,体内時計が完全に狂っております。

今回はツアコンみたいな出張なので,短期だけどもちょっと気が抜けない出張であります。

ではこれからキリマンジャロを目指します!

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

赤湯温泉

たった四人の勝手気ままな社員旅行で、山形の赤湯に行ってきました。
明治創業の古い旅館に泊まりました。

1321847584862.jpg

なかなかいい宿でして、中庭では雪囲いの準備中。

1321847588909.jpg

赤湯名物、龍上海のラーメンは、行列が凄くてやめました。

| | コメント (2)

2011年10月 7日 (金)

初!エアバスA380

ダルエスサラムを出てドバイ経由で香港まで来たO-SAMであります。
ドバイ→香港のエミレーツ便,タイのバンコックに1ストップの約10時間のフライトですが,初めて総二階建てのエアバスA380に乗りました。A380

いやぁ~こりゃぁ~凄い飛行機ですわ!素直に感動。

とにかくデカいっ!

写真の隣の飛行機と比べても翼がデカイ!

そして静かっ!バーがあるっ!
あ,バーはビジネスクラス以上のお客様だけですが・・・。

機体が大きいから,揺れもマイルド。大きな船と言うか古いアメ車と言うか,フワフワな乗り心地です。

O-SAM今回はビジネスクラスでしたが,とにかく静かなのには驚かされました。そしてこのビジネスクラスは半個室と言うか,隣の席と区画分けがされていて,なんかこうカプセルホテルみたいな感じ。「どうぞお仕事なりごろ寝なりご自由に!」みたいな空間なんですね。A380_c

そして「あ,いいなコレ!」と思ったのがテレビ。飛行機の前方が見れるモニタは最近だいぶ普通になりましたが,このA380には機体の後ろの方から前方を映すモニタがありまして,たぶん垂直尾翼にカメラがあるんですが,これがとても新鮮。「飛行機ってこうやって飛んでるのね!」と感心させられる映像です。

とにかく凄い飛行機です,A380ってのは・・・。

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

ティンガティンガ~アフリカンアート

O-SAM最近はまっているのがティンガティンガです。

タンザニアのお土産として有名なアートです。Photo_2

ナイジェリアにもガーナにも似たようなアートがありましたが,このティンガティンガはちょっと評価出来ます。テーマみたいなのがキチンとあり,そして絵柄も綺麗。

O-SAMタンザニアに出入りするたび収集しておりまして,いつもは首都ダルエスサラムのティンガティンガ村なるところで物色しておりましたが,今回はキリマンジャロのティンガティンガ村を訪問しまして,そちらの作品を購入した次第。

Bajojooダルエスサラムのそれは,動物や魚をテーマにしたものが多いのですが,キリマンジャロはマサイが多い。しかも何かこう,ダークな印象,内に秘めた悲しさみたいなのを表現しているのかな?という感じがあります。

作家によっても違いますね。
今回は特に,キリマンジャロのバジョジョっていう真面目そうなオッサンが描いたティンガティンガを中心に購入しました。絵が丁寧で,なんか作風が暗い感じ・・・。好きですねぇ・・・。

基本は布にペンキで描いているだけなので,クルクル丸めてスーツケースに入れちゃうと場所も取らないので,お土産にも最適です。

値段も交渉次第。A6くらいの小さいサイズだと200円くらいでしたが,まぁ,沢山買えば買うほど,交渉に時間をかければかけるほど,買い手も売り手もだんだんよく判らなくなってきて,なんとなく交渉妥結に至る~みたいな感じ。
Tinga_tinga_village でも売り手よりもスピーディーに交渉することが勝利の秘訣であります。畳み掛けるくらいの勢いで,妥結できなかったら「んじゃ,オマケに何枚か頂戴よ。」で決まりです。

O-SAM将来はティンガティンガ展示会でもやろうかと考えております。

| | コメント (0)

トイレの神様

キリマンジャロからダルエスサラムへ戻ってきたO-SAMであります。本日は夕方の便でドバイ→香港→名古屋→仙台と向かうのであります。香港一泊なので足ツボで悶絶しなければならないと心に誓っております。

さて,今回はなんだか慌しく,あまり面白いものを発見出来ず,またキリマンジャロもずーっと雲に隠れ,ちょっとスッキリしておりませんがいくつか写真をご紹介。Photo

まずはコレ。
カメレオンの子供です。O-SAM爬虫類はイマイチ苦手ですが,これは可愛い。

なんてったって手のひらサイズ。

小さなカメレオンは爬虫類ではないと勝手に決め付けてしまったO-SAMであります。

Arusha_jp_sushiそして次なる写真は本日のブログタイトルに関連しております。

なんとキリマンジャロに近いタンザニアの某町に,日本食レストランがあると聞き,なんでも蕎麦が食べれると言うのでちょっと行って参りました。

店の前には「天もりそば」の旗。んー,ここで既に気分は最高!

Sushi_rs日本人がシェフ(板さん)だと言うので,味もまず間違いないだろう!と思っていましたが,残念ながら当日はご不在。

調理は全て現地の方がやっておりまして,それでもメニューには蕎麦からラーメンから刺身,寿司まである!

と言うわけで,蕎麦と刺身,ビールのつまみに餃子も注文してみました。

刺身はOK,餃子もOK。しかし何だか落ち着きません。Sashimi

ちょ~っとね,店の中が「雑」なんです。そして小汚い。お寿司や刺身を出す店としては,もうちょっと綺麗にして欲しいところ。

で,店の中を徘徊してみますと,奥に座敷なんかがありまして,なんだか奥に向かうに従って汚さが増してくる。

店を抜けて雨でぬかるんだ中庭というか屋根が無いところを進むとトイレがありまして,これがちょっとダメなレベル。もちろん現地としては普通のレベルでありますが,ここは刺身も出る日本食レストラン。ちょっとダメ。

トイレが綺麗だというのは世界に誇れる日本の文化の一つだとワタクシ常々思っており,トイレは綺麗にして置くようにと我がチビらにも普段から申しております。トイレの神様って歌なんか最高の国民ソング,もしも日本の歌を紹介する外国人向けのCDアルバムみたいなのがあったとしたら,1曲目は君が代,2曲目はラジオ体操,3曲目は青葉城恋歌,4曲目にトイレの神様としたいくらいのレベルであります。

と,ちょっと脱線しましたが,日本だったら確かに田舎の方に行けば普通にあるくらいのレストランですし,日本ならOK。全然OK。

しかーし,ここはアフリカ。しかも割と白人も多く観光地でもある田舎町。日本食レストランは綺麗でなければなりません。この日本食レストランは残念ながら外国人を連れて行けるレベルには達しておりません。だって外国人が「日本のトイレってこんななの?」などと誤解されては困るから・・・。極端な話,アフリカなんだから店内なんてどうだっていい。だけどトイレだけは綺麗に清潔にしなさいとワタクシは言いたい!

で,刺身が出てきてから40分,「本日蕎麦はございません。」とのこと・・・。40分ですよ40分!言われた瞬間に出た言葉が「え?」じゃなくて「へ?」。風船に小さな穴が開いてシューっと空気が抜けていく・・・そんな感覚であります。とにかくこのレストランはダメ。

と言うわけで,ちょっと残念なレストランがアフリカの某町にありましたというお話でした。

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

お部屋比較

タンザニア安着のO-SAMであります。なんだか腰が凄く痛くてたまりません・・・。今まではあまり腰が痛いなど無かったのに,これも経年劣化の一つでしょうか・・・長旅に耐えられない身体になりつつあるのでしょうか・・・。

さて今回のO-SAMの旅は総移動距離3万2千キロ,現在のところその約60%を消化しておりまして,このあとキリマンジャロへ行き,来週後半に帰国の予定でございます。このまま腰が痛い状態で行くと,帰国の時にはジジイになっているのではないかと思う次第・・・でも唯一の救いは帰路の香港一泊!ここで足ツボ&全身按摩をやってもらう予定でおります,ハイ。

さて,更新どーしたの?というメールが数通届きまして,ただ単に(珍しく)忙しいだけなんですが,今回はそれと言った面白ネタも無いわけで,とりあえずインドとタンザニアのホテルの部屋などを紹介致します。India_maa_residency

まずは先週訪れたインドのチェンナイでのホテル。ここは毎度の事ながらかなり良い部屋でして,部屋仕事もし易いしNHKワールドも観れちゃったりしてかなり快適であります。

問題点は・・・特に無いんですねぇ~。レストランも美味しいし,従業員の質も高く,とにかく笑顔で接してくれるあたり,かなりしつけの厳しいオーナーなんだと思います。得点高いです,このホテル。

Tanzania_new_africa そして現在滞在中のタンザニアのホテル。ここはかなり建物が古いんですが,部屋はキチンとしていて仕事も快適に出来る・・・唯一の問題は,エアコンが効きすぎるということくらいですか。まぁ申し分ありません。

このホテル,最上階にタイ料理レストランがありまして,お一人様でも気楽に短時間で食事が出来る。これは常のお一人様出張のワタクシには嬉しい限りです。

しかーし,二日続けて激辛トムヤンクンを堪能したワタクシ,昨夜はお腹がぶっ壊れちゃいまして,ちょっと脂汗モードでありました。ま,バイキンで腹ピリになるよりは100倍くらい楽なんですが・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧