« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

会社をサボって見たものは・・・

SLであります。デゴイチと呼ばれたD-51の蒸気機関車。

本日午前中,両替で銀行まで行って来ました。

仙台駅の地下道を通って銀行に行くのですが,会社でも有名な電車好きの人が徘徊しておりまして,声をかけたらなんと駅にSLが来ているとのこと。D51

入場券を買ってホームに上がると,おー!すげー!本物のSLを発見!煙がシューシュー出てました!

本物を生で観るのは初めてであります。もう両替で銀行にー・・・などと言ってはおれません!

結局30分ほど仙台駅のホームにいたO-SAMであります。ハイ,サボりであります。

このSLは10月初めにお客さんを乗せて数日走るそうで,それまで何日か試運転だそうです。何気に感動したO-SAMでありました。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

2008年度第1回芋煮会

台風が東海上へ遠ざかり,予定通り芋煮会が開催されました。20081

場所は仙台市内の広瀬川。仙台の良いところは,市の中心から車で十分程度のところに素晴らしい自然があることであります。

この芋煮会場は人数がまとまると仙台駅近くからバスで送迎してくれるので,いつも運転手で酒が飲めないO-SAMも,今回は堂々と真昼間からお酒が飲めるのであります。

写真は味付け前の状態。本日は味噌味ということで,この後味噌がドボンと投入されるの図!でありました。

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

素敵!

昼休み,まだ10分残ってましたので,本日のブログ第2弾であります。

素敵!すっごく素敵!

O-SAMの机の左ななめ上方向に,JALのカレンダーが掲示されています。

このカレンダーの9月の写真に写っているタイの女性,これが素晴らしいんです!笑顔がたまりません。さすが微笑みの国タイランド!

JALの2008年カレンダーをお持ちの方,どうですかー?いいですよねー!

んー,タイに行ってみたい!!会社よ!どうかワタクシにタイ出張をお恵みくださいー!

| | コメント (0)

台風が来るぞ!

微妙・・・非常に微妙なところであります・・・決断を迫られております・・・

芋煮会の。

東北は芋煮会シーズンであります。明日は本年第1回目の芋煮会を予定しております。

が,よりによって台風13号が接近中であります。九州や西日本では大雨でだいぶ被害が出ている模様であります。いったん弱まった台風でしたが,ここにきて目もハッキリして来て,勢力が復活しているとのことです。

なので,明日の芋煮会は微妙・・・最新の天気図だとかろうじて仙台は進路から外れております・・・が,左近の異常気象ゆえ,何が起こるか判りませぬ。

んー,迷っております。どうしましょー。

てるてるぼーずをナイジェリアに置いてきてしまったことを悔やんでいるO-SAMでありました。(また作りゃぁ良いんですけどね。)

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

速い!遅い!

日本に戻ったO-SAMであります。

日本に戻っていつも感動するのは,「ネットが速い!」ということであります。今回も接続便の都合で中部国際空港のセントレアホテルで一泊。部屋でネットに接続したら速い速い(笑)。やはり日本は凄いですねー!

で,翌日の名古屋→仙台便・・・遅い!

なんとその日に限って某航空会社のシステムトラブルだそうで,聞いたら欠航便はあるわ殆どの便が遅れているわ・・・中部国際空港で待つこと2時間!

「ここはまだナイジェリアかいな!?」と思ってしまうワタクシはやっぱり日本人であります(笑)。ナイジェリアにいれば2時間以上空港でぼーっと待ちぼうけっていうのは日常茶飯事で全く気にならないんですが・・・。

競合某社の便はどんどん出発するのにぃ~,あー悔しい!などと思ってしまったり・・・。

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

ナイジェリア航空機物語(番外編)

ナイジェリアの主要な国際空港と言えば,首都のアブジャ空港と昔の首都のラゴス空港であります。

アブジャ空港には英国航空,ルフトハンザ,KLMが就航しています。

一方のラゴス空港にはエアフランス,ルフトハンザ,エミレーツ,カタール,ヴァージンアトランティック,ミドルイースト,南ア,エジプト,ケニア,エチオピアン,中国南方航空・・・それはそれはいろんな航空会社が入っています。

なのでラゴスでナイジェリアに入国して,首都のアブジャまで国内線を使って移動するお客様が沢山いるんですね。

ラゴス空港は,古いけど3階建ての立派な国際線ターミナルと,ボロくて平屋の国内線ターミナルがあるんですが,これまで国内線への乗継で非常に便利だったのがヴァージンナイジェリア航空とアリック航空でありまして,国内線なのに国際線ターミナルから飛んでくれたので,乗り換えが非常に簡単でありました。

ヴァージンナイジェリアとアリックが就航する前は,ラゴスでの国内線への乗り継ぎは至難の業でありました。なんてったって悪名高きラゴスですからね。ボロいタクシーに乗って国際線ターミナルから国内線ターミナルへ移動すれば楽に1時間はかかるし,重い荷物を積んだからタクシー代は倍だ!なんてボッタクリが無数にいる訳です。なかなか楽じゃありません。仕事仲間のインド人なんかタクシーと思って乗ったら実は強盗だった・・・なんてヒドイ目にあったそうです。

で,今回,国内線ターミナルが新しくなったんですね。とても綺麗な建物でして,結果としてヴァージンナイジェリアもアリックも,国内線は全てその新国内線ターミナルの発着となってしまったんですね。

おかげで昔に逆戻り。

今はタクシーとかもキチンとしてますし,昼間ならそれほど怖い目に遭うこともなくなったと聞きます・・・が,やはり不便。ひじょーに不便!

シャトルバスみたいなのを走らせりゃぁ良いんですけどね・・・と言うかシャトルバスらしきものがあるらしいんですが,まだO-SAMは確認しておりません。

いずれこれからナイジェリアに来られる方で,ラゴスから入ってアブジャとか各都市に国内線で乗り継ぎ移動される皆さんは要注意ですよー!

| | コメント (5)

ナイジェリア航空機物語(第4話)

今回ご紹介するアリック航空(Arik Air)は,今ナイジェリアでヴァージンナイジェリアと同じかそれ以上に活気のある航空会社です。

ルートはナイジェリア国内主要都市を多くカバーし,国際線ではヴァージンナイジェリアやアエロ・コントラクター,ベルビューを追従する感じでルートを拡大しております。

最大の特徴は,飛行機が新しくてエコノミー席も革張りのシートであること。ヴァージンナイジェリアとの差別化を徹底的に図っているんでしょうねぇ。

航空券もヴァージンナイジェリアよりちょっと高め。新しい機体を使っているからしょうがないんでしょうねぇ・・・。Arik_b737

飛行機のヴァリエーションもなかなかなもので,大都市間の国内線はボーイング737-300。ヴァージンナイジェリアと同じで,多くのお客さんをパッと乗せてビュンと飛ぶのに長けているんですね。国際線の主流もB-737ですが,こちらは主翼にウィングレットがある最新の機体を導入していますね。これは他社にとって大きな脅威であります。Arik

それからプロペラ機も充実していますね。たぶんアエロ・コントラクターに対抗しようと頑張っているんでしょう,機種も一緒ですね。

ヘリコプターを所有しているあたりもアエロと一緒ですね。たぶんチャーターフライトとか,石油関係の会社が契約して飛ばしているんでしょうねぇ・・・。Arik_2

そしてアリック航空の就航時から大活躍のボンバルディア社製リージョナルジェット。「お客さんは毎日乗るんだけどB-737を使うほどのお客さんの数ではない・・・。」そんなルートにピッタンコなんでしょう。

O-SAMはこのボンバルディアのリージョナルジェットが大好きであります。素直にカッコいいし美しい。もし仮に飛行機が操縦出来て,何でも良いから一つだけ飛行機を所有できるとしたら,迷わずこのボンバルディア機を選ぶでしょうね。

あ,美しい機体と言えば,ナイジェリアの航空会社にはありませんが,エアバスA340ですね。特に,着陸してくる時のA340の姿は本当に美しいですよ。皆さんも空港に行く機会があったらA340を探してみて下さいねー。

| | コメント (2)

ナイジェリア航空機物語(第3話)

今回ご紹介するのは,アエロ・コントラクター(Aero Contractor)でございます。Aero_b737

ヴァージンナイジェリア航空が就航する前にベルビュー航空が頑張っていたのは第1話でご紹介のとおりでありますが,同じころ,外国人が好んで利用していたのがこのアエロ・コントラクターであります。

何と言いますか,他社よりもワンランク上のサービスを提供していた・・・と言う感じでしょうか・・・航空券も他社より高めだったと思いますし,飛行機も割と新しい感じの機体でありました。Aero

現在でも人気が高く,ナイジェリアの国内線や西アフリカの主要な各国を結ぶルートを飛んでおります。

ジェットはボーイング737が主戦力でして,その他フォッカ―のプロペラ機やヘリコプターも就航しており,少人数のチャーターフライトとかもやっている様ですね。

O-SAMは今でも国内線のルートによってはこのアエロ・コントラクターを利用しておりますし,最近黄緑色の新しいデザインの機体も飛んでいます。

さて次回は・・・現在ナイジェリアでノリノリのアリック航空をご紹介することにしましょう。

| | コメント (0)

ナイジェリア航空機物語(第2話)

さて,チャンチャンギ航空であります。

英語表記ですと“CHANCHANGI AIRLINES”であります。Chanchangi_b737

面白い名前だなぁ~と,いつも思っております。 たぶん財閥か偉い人の名前がその名の由来だと思います。

ナイジェリア国内線だけなんですが,ヴァージンナイジェリアが就航する前は,O-SAMはよく利用しておりました。

機体が古いんですね。写真はボーイング737であります。エンジンが細長いので,一世代前のB-737なんでしょうか。でも現役バリバリ。

大きな事故こそありませんが,以前は小さいのが時たまありました。O-SAMが何年か前にチャンチャンギに乗ったとき,ラゴス空港に着陸したとたんパンクしちゃって,滑走路の端っこで動けなくなっちゃったので,そこで降ろされたことがありました。Chanchangi_puncture_at_lagos_2

これがその時の写真でありまして,ボーイング727であります。消防車も駆けつけちゃって,降機したお客さんも大騒ぎ。

アブジャを離陸した時も後ろのエンジンが変な音をしたり,無事に着陸したと思ったらパンクしちゃったり・・・この時のフライトはとにかくドキドキの1時間でありました。機内も終始ザワザワしてました。

ところでこのB-727ってーのは,お尻にもドアが付いてまして,それが開くとそのまま階段になっていてパッと降りれちゃうんですね。この時初めて知ったんですが,これは便利だと感心してしまいました。このパンクした時も滑走路の端っこでお尻から降ろされたんですねー。

と言う訳でナイジェリア航空機物語は次回に続きまーす!

| | コメント (2)

2008年9月10日 (水)

ナイジェリア航空機物語(第1話)

ナイジェリアからガーナへ飛んで来たO-SAMであります。ナイジェリアと違って全てがゆっくり流れているような雰囲気が心地よく感じます。O-SAMも緊張感から解放され,深い疲労感に包まれております・・・。Virgin

さて,本日はナイジェリアのラゴス空港を朝9時に出る便に乗るため,早朝のラゴス空港にてチェックイン,思いのほか混雑していなかったので,つい最近リニューアルされたヴァージンナイジェリア航空のラウンジでマッタリすることが出来てラッキーでありました。(新しいラウンジ⇒)

新しいラウンジは大きな窓から飛行機が見え,開放感たっぷり。これまでのラウンジは窓が無かったので非常に狭く感じましたが,今度のラウンジは広いです。置いてある軽食も信じられないほど美味しい。Vk_b737

さて,窓の外を色々な飛行機が通過して行くのを写真に収めましたので,まずはヴァージンナイジェリア航空からご紹介。

ヴァージンナイジェリア航空はエアラインコードが“VK”であります。

主戦力はボーイング737型機でありまして,国内線や近隣国への国際線はこれが殆ど就航しております。パッとお客さんを乗せてビュンと飛ぶその機動力はB-737のお得意とするところなんでしょう。Vk_b3b767

長距離線になると,ボーイング767が就航しております。外側は非常に綺麗なんですが・・・機内は残念ながらあまり洗練されておりません。

このB-767は稀にナイジェリア近隣国間のフライトにも使われており,先日たまたま乗る機会を得たのですが,B-737に乗り慣れているせいか,非常に違和感を感じました。

さてこのB-767の写真の奥にいる青色の尾翼にカモメのマークのB-767は,ベルビュー航空であります。

ベルビュー航空は,ヴァージンナイジェリアが就航する前のナイジェリアでは最も安心な飛行機と言われておりましたが,ヴァージンナイジェリアの就航とほぼ同じころに事故がありまして,それを気にお客さんがヴァージンに流れちゃいました。

ちなみにベルビュー航空のエアラインコードは“B3”であります。

さて次回は・・・,チャンチャンギ航空であります。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

夕暮れのアブジャ

ナイジェリアのカラバールから首都のアブジャまで飛んで来ました。

たった1時間のフライトなのに,カラバールを飛んだ時点で既に4時間遅れ・・・。

いつも思うんですけど,この国は何処に行くのも時間がかかります。以前と比べればだいぶ良くなったとも思えますが・・・。Vk_abuja_2

今回はいつものヴァージンナイジェリア航空ではなく,アリック航空でして,カラバール~アブジャ間はこの航空会社だけなんですね。機体はB737-300でして,エコノミーの座席も革張りなんです。割と新しい機体なんですかね,エンジン音が静かでした。

写真は夕暮れのアブジャ空港に駐機中のヴァージンナイジェリア航空ですね。O-SAMが乗ってきたアリック航空は,写真のずーっと奥の方にいるんですが,ちょっと見えづらいですね。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

サイババ

数年前,ナイジェリアのラゴスのとあるインド系のホテルに泊まったのですが,今回の出張でも来週そのホテルに泊まることになり,ふと思い出したのがサイババであります。

そのホテルのフロントには,サイババの写真が置いてあるのです。Photo

さすがインド系ホテルであります。

やはりサイババは現代インドにおけるスーパーマンなのでありましょうか・・・。

O-SAMが宿泊したときに撮ったフロントに何気なく置いてあったサイババの写真がこれであります。(⇒)

今回もまだ飾ってあるかな?カレーも美味しいので,そのホテルに泊まるのはちょっと楽しみであります。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

怖い州知事様

当地ナイジェリアは連邦政府制でして,州ごとに知事さんがいらっしゃいます。

O-SAMのいるクロスリバー州の州知事さん,先々月に過去の汚職疑惑が浮上して解任されたんですが,つい先日の再選挙で見事復活を果たしました。

大人気なんですねぇ,きっと。

そんな州知事さん,O-SAMも仕事が何度かお会いしておりますが,キチンと仕事していない人には物凄く怖いんです。部下に対してドスを利かせた声で「やれ!」とおっしゃる。

言われた方は震え上がってましたね(笑)。

こちらの仕事のことを気にされて,州知事なのに現場まで様子を見に来てくれたりもするんですね。凄いことだと思います。Imoke

大柄で顔はハンサム・・・俳優の団時朗さんに似ているような気がします。あ,断っておきますが「最近のの団時朗さん」です。

(看板の人が州知事さん⇒)

知ってますか?団時朗さんって。

「帰ってきたウルトラマン」の主人公を演じられていた俳優さんでして,最近でもたまにTVでお見かけします。「帰ってきたウルトラマン」の頃の団さんはスマートでカッコいい印象でした。最近はやはりウルトラマン役で映画に出演されたりもしていますが,かなり渋いおじ様ですな。

O-SAMも渋くてダンディーになれるよう,日々研鑽を積んでおります,ハイ。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

ニッポン人に会いました!

日本より8時間遅れで9月になりました。今年も3分の2が過ぎてしまいまして,毎日毎日加速していくような気分であります。

さて,昨日は日曜日でコックさんもお休み。事務所の近所の中華料理屋さんへ食事に行きました。

ご当地ナイジェリアに限らず,大体どこに行っても中華屋さんはありますねー。アジアの味が懐かしく思ったらまずは中華屋へ行けば解決しちゃいます。

で,なんとお隣のテーブルには中国人の団体様・・・と思ったらなんと日本語を喋っているではないですか!!!

こんなナイジェリアの端っこの街にいる日本人はワタクシO-SAMくらいだと思っていましたが,いやいや久しぶりに日本語を聞いてしまいビックリさせられました。

聞けば某有名一流大学の学生さんと先生様だそうで,ゼミの研究旅行だそうです。凄いですねー。こんな場所まで来るんですから大した行動力のある皆さんです。

ワタクシなんか仕事じゃなきゃぜぇーったいこんなところに来ませんけどね。

で,ゼミの皆さんはこのまま旅を続け,本日は船でカメルーンに行かれるそうです。頑張ってくださいねー!

さてワタクシの方は,あと数日でこの街を離れ,ナイジェリアの首都アブジャに向かい一仕事。その後ラゴス~ガーナと移動しまして帰国となります。

それでは皆様今週も頑張りましょー!

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »