« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

壊れる壊れる

ガーナからナイジェリアに移動してきまして,さらに地方とアブジャを往復して再び地方まで来てしまったO-SAMであります。

この時期ナイジェリアは猛暑であります。

そんな中,O-SAMはとある式典に出席。O-SAMが関係し,同じ会社のエンジニアが3年に渡って苦労して仕上げたプロジェクトの引き渡し式典であります。Dancer

猛暑の中の式典は非常に辛いのですが,そんな中でも楽しみは余興であります。今回も時間は短かったものの,美女ダンサーの舞いを満喫させて頂きました。

アフリカはリズムの宝庫であります。なかなかこのリズム感は日本人には習得できません。毎回感動してしまいます。

で,O-SAMの出張もあと2週間弱となりまして・・・と思ったら,先日ぶっ壊れた電子辞書に引き続き,大切な目覚まし時計もぶっ壊れてしまいました。エミレーツの機内の免税品で買ってしばらく使い続けていたのに,なんと液晶表示がぶっ壊れてしまいました。

時計自体はちゃんと動いているのに,今何時だかさっぱりわからない(笑)。目ざましは6時にセットしているので,時間はわからなくともちゃんと起きれるのですが・・・。

というわけで今回は帰路で新しい目覚まし時計をゲットする予定のO-SAMでありました。

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

まっすぐ走れ!

本日はホテルの部屋で籠り仕事のO-SAMであります。

外食する気も起きず,ホテルのレストランに出向く気も起きず,結局夕食はルームサービスであります。フィッシュ&チップスとビールを電話でオーダー。

息抜きにTVをつけるとちょうどGTV(ガーナ国営放送)のチャンネル。画面にはなにやらガーナの子供たちが陸上競技をやっている様子が延々と流れております。

そー言えば今時期ガーナの子供らは小学校から高校生くらいまで,国体予選みたいなのをやっているんだったなぁ・・・と昔の記憶を思い出し,ついついその競技の様子に見入ってしまいました。

結構立派な競技場で短距離走をやっております。最初は小学生かな?チビちゃん達が一生懸命走っております。徐々に学年が上がっていくのですが,はて?気になることが・・・。

1コースから6コースまでの直線,たぶん50mか100m走ですね。

が,必ずまっすぐ走れない子供がいる。体の障害とかではないんですね。コースをまっすぐ走ろうとしない。右か左のコースにひょいっと移ってみたり,速い人の後ろに着いてみたり・・・。どのレースも必ず一人か二人いるんです。で,みんなニコニコしながら走っている・・・。低学年から高学年まで,必ず脱線する子がいる。

そこへルームサービス到着!

で,食事を運んできたネーチャンに聞いてみました。「必ずコースを外れる子がいるんだけど,ナゼ?」。

するとネーチャンも真剣にTVを見て,そのうちゲラゲラ笑い出しました。「ホントだね。funny。」

あのね,ファニーじゃないでしょ,ファニーじゃ!

するとネーチャン曰く「学校じゃ,誰もまっすぐ走れなんて教えないよ。」だそうです。

なるほどね,深く納得。確かに普段車で走る道路もね,2車線なのに3台並んで走ってたりね,あーなるほどなるほど!よーくわかりました。今日も平和なガーナでありました。

| | コメント (2)

2008年3月16日 (日)

よいこ

先のブログで『ガーナのクソガキ』をご紹介申しあげましたが,本日は『ガーナのよいこ』をご紹介いたします。Photo

『クソガキ』のいた隣の村の現場を歩いたら,この『よいこ』達に出会いました。

この子達の偉いのは,ちゃーんと笑顔で挨拶してくれることです。学校から帰ったあと,こうやって家の手伝いをしているんですねぇ。いやぁ,感心感心。すれ違う子はみんなちゃんと挨拶してくれるし,大人から子供までみんな笑顔を見せてくれるのです。

クソガキのいた隣の村とは大違い。きっとこの村の小学校の先生か村長さんは,きちんと挨拶を教えているんでしょう。

ちなみに頭に乗せて一生懸命運んでいるのは,トウモロコシかキャッサバの粉の様であります。これを水で捏ねてお餅みたいにして食べるんですねぇ。

と言うわけでガーナの現場はこれで終わり。子供たちの笑顔に見送られたが何よりの幸せ。ここで仕事して良かったなぁ・・・と思う瞬間であります。

ちなみにO-SAM,いろいろあって当面ガーナでは仕事をしない予定となりました。しばらくはガーナの田舎ともお別れであります。とはいえナイジェリアの仕事はまだまだ続くのでありまして,結局ガーナにもちょこちょこ寄り道をしてしまうのであります・・・。

片づけやら何やらで1週間ほどガーナに居たら,再びナイジェリアに戻って一仕事・・・いや二仕事ですな。まだまだ先は長いのであります。

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

ダビ!

ガーナの気だるい朝であります。

ガーナの仕事もまもなく終わりでして,事務所の撤収準備に取り掛かったところです。

この時期になると,従業員がそわそわそて「マスター,机の上の電気スタンド,私にくれない?」とか「古着は全部オレにくれ!」とか,とにかく五月蠅いのであります。

せっかく「良い従業員だな。次も使ってやろうかな。」なんて思っていても,この時期の彼らを見るとそんな気持ちが失せてしまいます・・・。

ガーナの現地語にチュイという言葉があります。そのチュイ語で“No!”は『ダビ!』と言うんですが,日本語の「だめ!」と似ているんで使いやすいですね。なのでこの時期の従業員からの物品要求には『ダビ!』を連発です。

『ダビダビダビダビ!』と言う感じですね。でもそうやって現地語でお断りすると,向こうも喜んじゃうんですね。なのであまりわだかまりが生じないのであります。

ちなみにO-SAMがその他に多用するチュイ語には以下のものがあります。

マチ:こんにちは / マハ:おはよう

エトセィン:ご機嫌いかが? / アヤ:気分がいいです。

メバチョ:お願い!(Please)

ブラ:こっちへ来い。(Come) / メバチョ,ブラ:こちらへおいで下さい。

コ:行け(Go) / ミ,コ,アバ:私は行って帰ってきます。

ヤンコ:行きましょう!(Let's Go)

カニヤン:電気 / カニヤン,ニホ:電気が無い=停電

インス:雨,水

ントゥントゥ:蚊 / ントゥントゥ,パァー:蚊がたくさんいます。

ンニャコラァ!:だめだこりゃぁ!

メダヮセ:ありがとう。

オチナ:また明日。

アクワバ!:ようこそ!

こんな感じの言葉を現場で連発してコミュニケーションに役立てているのであります。なんちゃってね。

今日も朝からダビダビのO-SAMでありました。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

タロット

最近,出張時にO-SAMはニンテンドーDSを持ち歩いているのですが,今はまっているのはタロット占いのソフトであります。

たぶん女の子向けのソフトなんでしょうが,昔からO-SAMはタロットカードに興味がありまして,書籍なんかもいくつか読んだりしてまして,結局買ってしまいましたです,ハイ。

で,このソフト,要はタロットカードが手元になくてもゲーム感覚で占いが出来ちゃうわけでして,非常に面白いのであります。

タロットカードを使った占いって,けっこう当たるような気がしているんですよねぇ,昔から・・・。

このDSのタロットも,なんか凄く当たるのでちょっと不気味な感じさえします。

旅先で一人で眠れない夜なんか,ついつい占ってもらったりもして・・・。それでまた眠れなくなったりもして・・・(笑)。

| | コメント (2)

2008年3月 3日 (月)

痛い!

ここ数日,左足の「壌踏まず」が痛いのであります。

歩くとジワぁーっと疲れるし,指で押したりすると激痛であります。

こまったなぁ・・・大した病気じゃないといいんだけれど・・・。とにかく痛いのであります。とりあえず出張が終わるまで持ちこたえることをいのるばかりであります。

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

アルバシャが部屋に来た!

ガーナからナイジェリアに,いつものごとくVirgin Nigeria航空で飛んで来て,現在アブジャに潜伏中であります。

本日はお得意様とO-SAMお気に入りのレストラン『アルバシャ』でお食事であります。

このお店は・・・レバノン料理なのかなぁ~,ホモスとかシシケバブとか,牛タンならぬラムタンとかがあって,でもピザも凄く美味しくて,雰囲気も凄くO-SAMの好みに近いお店でありますので,アブジャに滞在の時にはよく出かけていくのであります。

ところがところが!お得意様との約束に合うようにホテルを出ようとしたら,同行していたワタクシのエンジニアがなんとプロジェクトのコンサルタントとバッタリはち合わせになっちゃいまして,案の定仕事を押し付けられたのであります。

結局アルバシャ大宴会は諦めたO-SAM,ガッカリしながら部屋でエンジニアの仕事を手伝っておりました。Photo_3

するとどうでしょう!お得意様がなんとアルバシャのメニューをセレクトしてテイクアウトして持って来てくれたのです!これにはO-SAMすっごく感激!

さっそく仕事そっちのけで,部屋飲み大宴会を開催してしまいました。写真は狭い机に並んだテイクアウト品の数々であります。

ラムチョップがね,絶品でした,ハイ。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »