« 現金が消えた日・・・ | トップページ | ふくらはぎ »

2007年12月 2日 (日)

サックスホーン事件

チビ1号が珍しくオネダリであります。

小学校5年にもなるとオネダリもなかなかしにくいようで,モジモジ君状態のチビ1号。「男ならハッキリ言いなさいよ!」とカミさんに気合をかけられ,泣きそうな顔でO-SAMのところへ来たチビ1号。

聞けば,楽器を習いたいとのこと。

チビ1号,数年前までエレクトーンをやっており,家ではよくO-SAMのギターを触っておりましたが,今回習いたいのはナント『サックスホーン』だそうです。

O-SAMは鍵盤(ピアノ)と弦楽器(エレクトリックギター)と打楽器(ドラム)は多少の心得がございます。が,管楽器となるとまったく経験ゼロ。

でもまぁ,楽器を習うことは悪いことじゃぁないので,快く了解。サックスホーンに限らず管楽器は値段が高いのですが,「楽器ならいいでしょ。レンタルもあるみたいだし,最初はレンタルか中古で良いんじゃない?」と我が家の大蔵省もGoサイン。

と言う訳でさっそく近所のショッピングモール内の楽器屋へ足を運んだO-SAM一家。

店員さんに聞くと,すぐにその店の専属インストラクターの先生も出ていらっしゃって,まずはお話を聞くことに・・・。

ところがナントナント残念なことに,レッスン対象は高校生以上だそうで,もちろん小学生でもサックスは吹けるとのことなのですが,コースを設定していないとのこと。

今にも泣き出しそうなチビ1号・・・「少し楽器さわってみる?」とやさしいインストラクターさんの声に促され,サックスを手にしたチビ1号。なかなか音は出ないのですが,それでも楽しそう。なかなか楽器を離しません。

「お父さんもやってみます?」と言われ,O-SAMも挑戦。なかなかまともな音が出ませんが,鏡に映った自分はナカナカさまになっておりました(笑)。

家に帰っても,チビ1号はやはり「サックスホーンをやりたいよぉ。」と半ベソ状態・・・。そこで出ました我が家の必殺技『カミさん指令』

「あんた,ここで一肌脱ぐのが父親でしょ?」

「は?」

「あんたがあのインストラクターにサックスホーンを教わって,それを家でチビに教えればいいじゃん。それで一件落着よ。レッスン代は出すから楽器レンタル代は出してね。先生も美人だから文句ないでしょ?」

「へ?」

で,決まっちゃいました。

チビ1号にも笑顔が戻ったし,まぁ,いいかなぁ・・・。

風呂場でこっそりチビ1号にサックスホーンをやりたい理由を聞いてみました。「女の子にモテそうだから・・・。」それが理由。

「そうか!異議なし!確かにカッコいいよな。ヨシ!オトーサンも頑張っちゃう!」という,極めて動機不純な親子でありました。

|

« 現金が消えた日・・・ | トップページ | ふくらはぎ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みほ様
いろいろ探したんですけどねぇ,個人レッスンで教えて下さるという先生が二人ほどいらしたんですが,どちらも遠くて,小学生が通うにはちょっと厳しいものがあるんですねぇ。仙台は交通が不便ですし…。
ま,とりあえず頑張ってみます,ハイ。

投稿: O-SAM | 2007年12月 3日 (月) 12時42分

素敵ですね~☆
親子でサックス!!!
私も中学生の頃、吹奏楽でサックスに出会ってからずっと憧れてるんです 壁|ω-o)゚+. ポッ
時間とお金の余裕ができたら、私も習おうかしら♪

・・・でも、さがせば小学生でも習える教室あるそうですけどねぇ?

投稿: みほ | 2007年12月 3日 (月) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現金が消えた日・・・ | トップページ | ふくらはぎ »