« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

ラゴスの怪しいシャワー・・・

Photo_1 空路アブジャからラゴスへ来たO-SAMです。今回の出張も終盤戦となり,週末でもあるので,ラゴスではちょっと良いホテルに宿泊したわけです。

アブジャのホテルと決定的に違うのは,ラゴスのちょっと良いホテルではシャワーの水量が非常に良いことにあります。クロスリバーもアブジャも,シャワーはチョロチョロ。しかもお湯が出てくればラッキー・・・そんな感じであります。でもやはり日本人はお湯浴びをしないと元気が出ません。そういう訳で旅の終盤にラゴスに寄ったときは必ずお湯シャワーの良いホテルに泊まってしばしリラックスする訳であります。

で,今回のラゴスのホテルですが,シャワーが怪しい・・・というか素晴らしい!写真で判ると思うのですが,普通のシャワーのホースのほかに2箇所のシャワーの出口があるのであります。下のダイヤルは温度調整。真ん中のダイヤルは普通のホースのシャワー。で,一番上のダイヤルを右に回すと胸の辺りにシャワーがピシャリとかかる。

問題はそのダイヤルを左に回したときであります。下の出口からシャワーが斜め上向きに勢いよく出るのですが,これが殿方の大事な部分にピッタリ当るのであります!これは非常に気持ち良いわけで,なんとも表現しようもありません。しばらくその心地よさに身をゆだねていたO-SAMであります(笑)。

明日はガーナへ飛び,来週の業務に備えるO-SAMでした。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

中国南方航空・・・

先のブログで紹介した中国南方航空のラゴス~北京便の続報です。

航空券の値段を調査したところ,アブジャ発券の1年オープンでエコノミーが2235ドル,ビジネスクラスで3125ドルだそうで,アブジャ~ラゴスと北京~中国各地のチケットが無料で付くそうです。

まともなディスカウントチケットが無いナイジェリアで,アジアに向かうには現在このチケットが最も安いですねぇ・・・ちょっと興味が沸いてきたO-SAMですが,もうちょっと様子を見ようかなぁ・・・とも思ってます。何故なら,中国の航空会社は定時性が悪いから。あと,機内がうるさそうだから(笑)。

いろいろ考えると,やっぱりアジアから西アフリカへのルートはエミレーツかKLM,ルフトハンザあたりに落ち着くO-SAMでした。

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

日本の皆さんありがとう♪

ナイジェリアのカドゥナ州で某セレモニーに出席したO-SAMですが,子供らが♪日本の皆さんありがとう♪という歌を披露してくれました。 Photo

某ODA案件の起工式だったのですが,O-SAMはその当事者でありまして,この子供らの通う校舎を建てるわけであります。

この学校で学んだ子供らが,将来,ナイジェリアで大いに活躍してくれることを願うO-SAMでした。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

中国パワー

夕方猛烈な雷雨だった今日のアブジャですが,宿泊中の中国人経営のホテルに旅行代理店がありまして,聞けば昨年12月から中国南方航空がドバイ経由でラゴス~北京のフライトを週3便も飛ばしているとのこと。これは凄いですねぇ。アジアで唯一の西アフリカ路線じゃないですか!

日本も一発奮起してアフリカ便飛ばさないですかねぇ・・・。欲を言えば仙台から西アフリカへの直行便・・・プロペラ機でいいから・・・まず無理ですな(笑)。

| | コメント (2)

2007年3月26日 (月)

アブジャ安着

カラバールから新鋭Arik Airにてアブジャへ戻ったO-SAMです。このArik Airはボンバルディアのリージョナルジェットを使っていて,50人くらいが搭乗できそうな機体でした。

新しい機体なので非常に快適。カラバールを飛び立ちドリンクサービスがあって間もなくアブジャ・・・と思ったらなんと「アブジャ空港への進路にストームが近づいている。」とのことでラゴスに進路変更。ラゴスで給油して再びアブジャへ・・・。やっとアブジャに着いたのはカラバールを出て4時間後でした(笑)。

でも,無理してストームの中を飛んでズッコケるよりは遥かに安全な対応。この航空会社は信頼して良さそうです。

日中はかなり気温が高いのですが,ストームがけっこう頻繁になってきたので,まもなく雨季に入るのかもしれません。ナイジェリアの人たちにとって潤いの時季です。

ナイジェリアは間もなく大統領選,何も混乱が起きずに済んでくれれば・・・と真に願うO-SAMでした。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

カラバール

先日のランチリゾートを出て,同じクロスリバー州の州都カラバールまで来ました。Calabar

ここはアブジャの前の首都ラゴスのさらに前のナイジェリアの古首都であります。海に近く潮風というかベッタリした湿気があります。

ホテルもいろいろあって,本日はチャンネルビューホテルというところに宿泊中です。設備はかなり良い方ですが,もってあと3年ってところでしょうか(笑)。やっぱり白人や中国人が厳しくマネージしていないと良いホテルというのは存続しないのでしょう。

明日は空路でアブジャに戻るO-SAMでした。

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

ナイジェリアのリゾート

さて今週はナイジェリアの最新リゾート地,クロスリバー州のランチというところに滞在中のO-SAMです。ランチというのは昼飯ではなく牧場という意味のRanchでして,南ア系のプロテアホテルが山のてっぺんにあるわけです。Protea_hotel

標高1500mを越える場所で,あと数キロでカメルーンという場所でもあり,ナイジェリアらしからぬ快適な環境であります。朝晩など寒くて暖炉に火が灯されております・・・。

このリゾートも間もなく州政府の管理下に置かれ,プロテアホテルのスタッフは引き上げるそうで,このホテルの末路も見えてしまったかのようであります。

悲しい末路が予想される中,いつも笑顔のゴミ箱を発見しましたのでご覧下さい。”FEED ME”というのが素晴らしい!やはり毎日笑顔でいたいと切に願うO-SAMでした。Bin_boxprotea_1 

| | コメント (2)

2007年3月16日 (金)

またまたナイジェリア。

ガーナから毎度のことながらナイジェリアまでやってきました。ラゴスに着くたび思うのですが、入国審査にかかる時間がだんだん早くなっているのです。みなさんテキパキテキパキ、今回なんか並んで5分もかからなかった。荷物についてもうるさく言われなくなったし、外国人受入れに必死なのでしょうか?まぁ、我々にとっては非常に良いことなのですが・・・。

片やガーナの入国審査といったらもー最悪。11日にガーナ入りしたときなんか25分かかりました。審査官の動作がノロい!あれは困りますねぇ・・・。改善されないんですかねぇ・・・。昨日の出国審査も行列が出来ているし・・・。チェックイン前の荷物検査なんてすさまじい行列。近い国なのにナイジェリアとガーナとでは大違い。

本日は夕方の国内線でナイジェリア東南部のクロスリバー州に参ります。ボンバルディアの新しい飛行機を使ったArik Airという飛行機に乗るのが楽しみなO-SAMでございます。

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

久々の更新です!!

ほぼ半年振りの更新となります。酒の飲みすぎで死んじゃったんじゃないか・・・なんてメールもチラホラ来たのですが、ちゃんと生きていましたので皆さんガッカリしないように・・・。

bigapple様からも先日ご投稿頂きまして、そちらのサイトも復活されたとのこと、非常に嬉しく思います。

この半年間ですが・・・札入れが3連発あって3ヶ月つぶれたのと、11日間で13路線の飛行機に乗ったと言うナイジェリア方面駆け足出張があったのと、なんと自分の事務所が東京から仙台に移転してしまったこと・・・などがありまして、ようやく本日ブログ更新の時間を見つけたわけでございます。とは言えここはガーナなのでありました。

事務所の引越しと自分の引越しが終わって息つく暇もなく西アフリカ修行の旅に出てきたO-SAMなのでありますが、これまでの忙しさのせいか、なんとエミレーツの機上にて不覚にも高熱を出してしまい、ガーナでちょっと一息入れていたところでございます。まぁ、神様が「ちょっと休め」と言ってくれたんじゃぁないかなぁ・・・なんて勝手に考えております。

これからのO-SAMは、今週金曜日にラゴス経由でアブジャに入り、アブジャからクロスリバー州へ行って、またアブジャに戻ってカドゥナ州やプラトー州をウロウロし、再びガーナに戻って4月上旬に帰国の予定でございます。(事務所が移転してもやっている仕事は全く変らないのでありました。)

そういう訳で、ようやくO-SAMにも時間にゆとりが出来ましたので、ブログをマメに更新しますから、皆様またまた宜しくお願いしますです。

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »